ディベートは、立論における論理的表現力、反ばくに必要な傾聴力等、コミュニケーション能力の総合的な強化が図れる研修です。ディベートとは、設定されたテーマの是非について、話し手(ディベーターと呼ぶ)が肯定側・否定側に分かれ、 決められた持ち時間・順番にのっとり、第三者(ジャッジ、観客)を説得する形で議論を行います。ディベートには必ず勝敗があります。議論された内容を基に第三者が勝ち負けを評価します。 勝ち負けの基準は、肯定側・否定側のどちらが、第三者(ジャッジ、観客)をより「説得」できたかで決めます。

研修目的

情報分析・議論構築を通して、論理的思考表現の基礎を固める
ディベートゲームを通して、論理的で分かりやすい口頭表現力 を鍛える
ディベートゲームを通して、傾聴力 と 分析対応力 を鍛える

受講対象者

若手社員
中堅社員

参考日数

2日間~

カリキュラム

オリエンテーション
ロジカル思考表現の基礎知識
ロジカル・スピーチ練習
ディベートの基本
ディベートゲームの準備
ディベートゲームの実施(「肯定側」、「否定側」、「審判」)
質疑応答
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

コミュニケーション強化に関連する研修