経験豊富な現経営陣・経営幹部といえど、最近のめまぐるしい経営環境の変化を適切に分析し、自社の戦略に結び付けていくのは容易ではありません。経営においては迅速な意思決定が重要ですが、 バックグラウンドの異なる経営陣からは多様な意見があふれ、時にはそれがイノベーションにつながることもあり、一方で意志の統一に時間がかかりすぎる事態もありえます。研修の場で経営に対する 考え方を一通り統一しておけば、その後のコミュニケーションはもっとスムーズに進みます。また、経営幹部が一堂に会する機会は貴重な意見交換の場となります。

研修目的

取締役=経営のプロに求められる心得や役割について学ぶ
取締役に求められる法的な義務と責任について学ぶ
これからの企業戦略のあり方について学ぶ

受講対象者

経営幹部クラス
取締役

参考日数

2日間~

カリキュラム

オリエンテーション
企業経営の要諦と経営者の条件
経営数字と決算書の見方・考え方
経営戦略論
機会費用の発見と投資
キャッシュフロー経営
経営管理
M&Aを含む投資の経済計算
業績悪化時における企業再建
自社の重要な経営課題
経済見通しとビジネスチャンス
質疑応答
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

階層別に関連する研修