部下のいる管理職、「報・連・相」が機能していない職場の管理職を対象に効率的な仕事の進め方の指導ポイントを学びます。当研修では、仕事を効率性という視野から考え、「報・連・相」の正しい理解を部下に指導し、叱る技術を理解することで、上司としての質を高めることを目指します。部下育成におけるコミュニケーションの課題を明確化し、グループワークや演習を通して、理論だけではない生きたケーススタディを交え改善策を見い出し、そのアクションプランを共有し発表して実行へと繋げる実践的な内容です。

研修目的

部下に効率的な仕事の進め方を指導するポイントを学ぶ
「報・連・相」の正しい理解を学ぶ
部下指導の際の「叱る」技術を学ぶ

受講対象者

中堅社員、管理職

研修形式

講義、グループ討議、ワークショップ、アセスメント

カリキュラム

オリエンテーション

1、効率的な仕事の進め方の指導ポイント
仕事の効率は、段取りで80%決まる
視野を広くして、進捗管理
優先順位の整理
仕事上手のコミュニケーション術

2、後輩指導時のポイント
仕事の進行中の指導のあり方
叱る技術のポイント

アクションプラン設定
講師による総括

参考日数

1日間~
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。