評価者として人事考課を通じて部下を育成し、動機づけするスキルを磨く人事評価制度を効果的に運営する鍵となるのが、管理者の評価スキルです。
管理職間で異なっている評価の目線を合わせ、評価に対する「軸」を形成することが公正な人事考課の第一歩となります。 貴社の人事考課制度を理解した上でのカスタマイズはもちろんのこと、人事考課面談のスキル(=コミュニケーションスキル)を磨く、または評価のベースとなる目標設定の考え方を養うなど、貴社の課題にフォーカスしたプログラム設計をいたします。

研修目的

管理者間のマネジメント・考課・コーチング基準を形成(共有)する
目標設定の基本スキルを身につける
評価者としての自身の傾向に気づく
考課面談時のコミュニケーションスキルを身につける
部下を動機づけ活用・育成し、職場を活性化するためのコーチング・スキルを習得する

受講対象者

管理職

参考日数

2日間~

カリキュラム

オリエンテーション
人事考課に関する問題意識の共有
人事考課の理解促進
目標管理と人事考課
人事考課ケーススタディ
人事考課のポイント
ポイントを確認
目標設定
質疑応答
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

マネジメント・リーダーシップに関連する研修