次代を担う次世代リーダーとして組織を導くための行動指針やあり方を学び、組織に対する影響力を高めていきます。組織を変革していくためには、次世代リーダー自身が固定観念や思考の枠組みを超えていく必要があります。組織の中に起こる様々な事象に対して自分が責任を取るというスタンスを研修の中で確立し、次世代リーダー自らが当事者意識を持つことによって、組織の問題の本質を理解できるようになります。

研修目的

リーダーシップの原則を学び、次世代リーダーとしての責任感・当事者意識を醸成する
組織間や人間関係の中にある枠組みを抽出し、改善案を洗い出す
メンバーのモチベーションを向上させるコミュニケーションについて学ぶ

受講対象者

中堅社員
管理職

参考日数

2日間~

カリキュラム

オリエンテーション
リーダーとリーダーシップの定義
リーダーシップの原理原則
組織への影響力を高める主体性の発揮
人間関係能力の向上
次世代リーダーとしての責任感の醸成
次世代リーダー自身の価値観となる理念の発表
ビジョンイメージの明確化と視覚化
質疑応答
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

マネジメント・リーダーシップに関連する研修