ビジネスパーソンにとって大切なのは、簿記・会計学の細かなルールに精通することではなく、財務諸表に表れる数字の持つ意味を読み解くスキルを身につけることです。財務諸表を詳細に見ていくことで、各企業の事業戦略の違いなど、実際に目に見える企業活動の意味を改めて理解することができるのです。
アカウンティングを理解すれば、営業、企画、マーケティングなどさまざまな業務の場面でこれまでと違った判断や提案ができるようになるはずです。

研修目的

財務諸表を読み取る知識を身に付ける
財務会計や管理会計を理解する
経営課題、リスク分析に役立つ企業会計を実例を学ぶ

受講対象者

若手社員
中堅社員

参考日数

2日間~

カリキュラム

オリエンテーション
経営活動と財務諸表の関連性
経営危機の予兆・コスト意識
財務諸表の基本(B/S、P/L)
財務分析のポイント(収益性・成長性・安全性・成長性)
上場企業の財務分析
キャッシュフローについて
財務諸表から業種と企業名を判定する
質疑応答
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

経営戦略・マーケティングに関連する研修