タイムマネジメント「時間管理=仕事管理」は全ビジネスパーソンが持つべきスキルと言えます。ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた働き方の見直しに対して、「決められた時間内」で「期待以上の成果をあげる」ことが望まれる時代では、時間生産性を高め組織の成果を向上させることが何より大切ではないでしょうか。そこで当研修では、管理職を対象に、自分と部下の時間の使い方を見直すことはもちろん、限られた時間の中で自部門の業務効率を高め、最大限の成果をあげるための仕事・行動の管理の仕方を学び、優先順位や非効率になりがちな仕事の適切な進み方を理解し、仕事全体を見直し生産性を上げる方法を実践ワークを通して気づきを得ながら学び共有して落とし込んでいきます。

研修目的

・タイムマネジメントを通じて業務の進め方・傾向を見直し改善策を見つける
・限られた時間の中で業務効率を上げる方法を理解する
・自分と部下の時間の使い方を見直し職場の生産性を向上させる
・職場でのタイムマネジメントの浸透・共有を図る

受講対象者

管理職

参考日数

半日〜2日間

カリキュラム

①オリエンテーション
・事前課題(仕事・役割の洗い出し、タイムマネジメントの課題)を共有
・時間の使い方を振り返る
・緊急の仕事、重要な仕事を振り分ける
<グループワーク情報共有>

②タイムマネジメントとは
・なぜタイムマネジメントが必要なのか~業務改善に関連
・スケジュール管理からタイムマネジメントへ
・タイムマネジメントがうまくできていない例

③自分の時間の使い方を見直す
・時間を「見える化」するアポイントメント管理法~
~具体的方法で業務改善~効果的なタスク管理で「見える化」する
・「仕事」は分割すると「タスク」になる~仕事の流れと仕事量をつかむ
・タイムマネジメント実践~効果をあげる小さな行動とは
<グループ振り返りと共有>

④タイムパフォーマンスを向上させる
・タイムパフォーマンスが低い2つの状況
コミュニケーションスキルの向上
・タイムパフォーマンスを高める具体的習慣~書類・メール
良好な職場環境は職場改善から
・3M(ムリ・ムダ・ムラ)を見直す / 組織を強くする5S活動
・コミュニケーションスキル向上は良好な職場環境を作り、時間効率・短縮を実現
わかりやすい伝え方
・PREP法で説明する
・アサーションで会話する
<ワーク>
・5分間ルールとは / 効果的な会議を行うために

⑤タイムマネジメントで部下指導
・「ムダな残業」を削減する
職場業務改善を行う
・タイムマネジメントが下手な3タイプへの指導法
・効果的な会議を行うために
・問題点の把握と対策案
<個人・グループ振り返り>

⑥タイムマネジメントの実践
・インバスケットの説明
<インバスケット>
・案件の処理
<ワーク>
・問題への対応、優先順位を決める
・判断力 / 問題解決力 / 指導育成力 / コミュニケーション力 / 生産性 等
・診断結果のフィードバックと共有
・自己課題の認識

⑦研修からの学びと今後の展開
・アクションプラン作成
・決意表明 / 目標宣言
・総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

業務改善・タイムマネジメントに関連する研修