「分かっているつもり」ではセクシャルハラスメントは防げません。職場でのセクシャルハラスメントは、職場環境を悪化させ、働く意欲を損なわせることで、仕事のパフォーマンスにも大きく影響を与える問題です。社会的信用にも関わります。リスクマネジメントとしての必要性もさることながら、相互理解を深めることにより、職場環境、職員の意識・価値観の相違・温度差に気づき、風通しのよい職場環境を作ることを目指します。

研修目的

セクシャルハラスメントに対する正しい理解、男女・個人の価値観の違いを認識する
職場でのセクシャルハラスメントを予防するために、どのようすべきかを考える

受講対象者

管理職

参考日数

半日間~

カリキュラム

オリエンテーション

1.セクハラとは何か
・セクハラの定義と影響を知る
・セクハラとパワハラの決定的違いとは
・セクハラに相当する言動とは
・こんなことでセクハラになるの?
・同性間でもセクハラ?
・女性から男性のセクハラの特徴

2.セクハラが発生した場合の対処
・被害を受けた場合の対処法
・被害を見た場合の対処法
・相談を受けた場合の対処法
・タブーとなる発言
・ロールプレイ演習

3.セクハラが起こらない職場を作る
・セクハラを起こしやすい職場の共通項
・セクハラと捉えられない行動とは
・話し合うことの重要性
・泣き寝入りをしないために
・周知することの重要性

4.アルハラが起こらない対処策
・アルハラに関する5つの規定を知る
・アルハラの法的責任とは
・アルハラ対処法の共有

5.ケース・スタディ演習
・個人演習
・グループ討議
・発表・フィードバック

目標設定
質疑応答
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

ハラスメント対策に関連する研修