インバスケット・ゲームは、ビジネスにおける架空の立場や役職として、制限時間内に多くの実務案件を処理していく実践で活用できるかを測定するビジネス・ゲームです。
大手企業などの管理職昇格試験としても広く導入され、管理職として必要とされるマネジメントスキルをアウトプットしていくため、知識やノウハウだけでは成果に結びつかない昨今の経営環境に最適なビジネス・ゲームと言えるでしょう。インバスケット・ゲームは、若手社員から中堅社員、管理職層まで研修と組み合わせて実施していくことで、課題や目標が明確となるため、組み合わせて研修を実施するケースが非常に多いです。また、インバスケット・ゲームのアセスメントは研修後のフィードバックやPDCAサイクルにも活用できます。

研修目的

  • 成果の出るように仕事に優先順位をつけられるようになる
  • 本質的な問題解決ができるようになる
  • 全体を見て判断や仕事の先回りができるようになる
  • 判断に自信がつくようになる

受講対象者

  • 管理職または新任管理職
  • 若手社員
  • 中堅社員

参考日数

1日間 ~

カリキュラム

オリエンテーション
マネジメントに求められるスキル
コミュニケーション
リーダーシップ
インバスケット・ゲーム【ワーク】
仕事の優先順位
情報収集と巻き込み力
業務効率化に必要な3つのC
インバスケット・ゲームの採点結果(スコアリング)
コミュニケーションスキルを高める指導・育成力
フィードバック
質疑応答
目標設定
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

問題解決思考強化に関連する研修