5Sとは、整理(いらないものを捨てる)、整頓(決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく)、清掃(常に掃除をする)、清潔(整理・整頓・清掃を維持し職場の衛生を保つ)、躾(決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける)であり、各職場において徹底されるべき事項を5つにまとめたものです。5Sの徹底により得られる間接的な効果として、業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上などが挙げられ、整理整頓により職場をよく見るようになり、問題点などの顕在化が進み職場環境の改善に繋がります。当研修では、5S活動をもとに、グループワークや演習を通して、理論だけではない生きたケーススタディを交え、自職場の改善策を見い出し、そのアクションプランを共有し発表して実行へと繋げる実践的な内容です。

研修目的

5S活動の基本を身につけることができる
5S活動のマネジメントを身につけることができる
5Sの効果的な運用方法と、計画立案を立てることができる

受講対象者

リーダー、管理職
職場環境を変えたいと検討されている担当者

研修形式

講義、グループ討議、ワークショップ、アセスメント

カリキュラム

オリエンテーション

1.5S の必要性
5Sの特徴、定義、効果
5Sの進め方

2.5S 推進のマネジメント
5Sとマネジメント
マネジメントの考え方と実践方法

3. 現状の問題点の把握
5Sの現状を確認する
5S問題と業務の問題を確認

4.整理の進め方
整理の意味
整理の基準づくり
どのような不要品が存在するか

5.5S 実施の阻害要因は何か
5S実施の阻害要因とは
阻害要因の克服策は

6.整頓の進め方
整頓の意味
整頓の進め方
整頓実施の留意点
整頓の基準づくり 

7.整理整頓の実行計画立案
実行計画とは
実行計画の立案方法
実行計画を実施する障害とは

講師による総括

参考日数

1日間~
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。