「知らなかった」では済まない! 今、企業にかかせない個人情報保護。個人情報保護法が2015年に改正され、2017年5月30日に全面施行されました。個人情報保護のためには、社員一人ひとりが法律を理解し、日々の業務の中で意識して取り組むことが必要です。当研修では、個人情報保護法の改正ポイントを紹介し、日常業務でどのように個人情報を取り扱ったらよいか、事例を交えわかりやすく解説します。職場での身近な事例を通して注意点や対策を記載しているので、新入社員の方も日常業務で個人情報をどのように扱えばよいかがわかります。

研修目的

日常業務で正しく個人情報を取り扱うための基本を理解する

受講対象者

全社員

参考日数

半日間~

カリキュラム

オリエンテーション

1.個人情報とは
・情報を取り巻く環境
・個人情報に対する考え方の変化とは 
・個人情報の例

2.個人情報を取得する利用する
・利用目的を明確にし適正に取得するには~注意点を確認                          
・個人情報を取得する/利用目的の特定/適正に取得するための注意点を確認
・個人情報を利用する/目的外の利用/第三者への提供について

3.個人情報への問い合わせ対応
・問い合わせへの準備と対応について  

4.個人情報の管理
・個人情報漏えいを防ぐための管理ついて確認/データの保管・持ち出しについて

5.個人情報の廃棄/消去
・個人情報廃棄/紙の処理について/中古コンピューターを処分する時

6.PCを使う時の注意点
・プライバ-ポリシーとは

7.個人情報保護への取り組み
・プライバシーマークとは

8.情報セキュリティについて
・情報漏えい等、セキュリティ対策の注意点
・知っておきたいSNS利用 
・セキュリティチェックで確認

知っておきたい個人情報の確認
目標設定
講師による総括

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。