介護施設向けコミュニケーション研修

介護施設向け研修

柔軟なコミュニケーション力を身につけ、チーム力を上げる

柔軟なコミュニケーション力を身につけ、チーム力を上げるための研修です。ご入居者様・ご利用者様一人ひとりの生活スタイルや、性格・状況に応じた対応が求められる介護職員にとって、職員同士の連携や情報共有はかかせないものです。本研修では、伝えると伝わるの違いをご理解いただき、情報発信・受信時のポイントを学習していただきます。部署や職種を超えたチームワークを育て、ミスコミュニケーションを予防します。様々な専門職種が集まる介護施設で、ご利用者様・ご入居者様を中心にそれぞれのスタッフがひとつのチームとして活躍できる環境づくりに役立ちます。

現場課題

  • 職員間の情報共有がうまくできていない
  • コミュニケーション不足が原因でミスが起きている
  • 職種や部署を超えたチーム連携を強化したい

研修の特徴

介護スタッフとして、第一に考えるべきは「ご利用者様・ご入居者様」であるということを意識し、改めて情報共有の大切さをご理解頂きます。「伝えたつもり」や「理解のずれ」に対するリスクを理解し、正しく伝わる伝え方スキルを学び、実践頂きます。また、指示を受けた場合の確認方法についても、質問の仕方を中心にポイントをお伝えします。また、実際に起きたミスコミュニケーションの事例を基に、どうすればミスコミュニケーションを防ぐことができるのか、主体的に予防策を考えて頂きます。

・貴施設の人材育成課題に最適なオーダーメイド型研修プログラム
・介護施設を指導する登壇実績豊富なプロフェッショナル講師陣が担当
・覆面調査から患者様目線で客観的な改善指導
・単発研修、年間研修、コンサルティングなど課題解決へ向けてご提案
・ロールプレイング・ワーク・ディスカッション・演習(アウトプット)中心の実践型研修
・貴施設の現場課題に合わせたケーススタディを取り入れる
・受講者のレベルに合わせたカスタマイズ研修
・ビジネススキルなどの別テーマと組み合わせた研修も実施可能

研修形態

  • 日本全国エリアに講師派遣及び貴施設のご要望エリアでの実施可
  • すべての研修プログラムをオンライン化してご提供可(カリキュラムの一部に変更の場合あり)
  • ノートパソコンや必要機材のレンタル及び全国提携の研修会場の手配可

関連する研修ページ

カリキュラム

1、介護施設で求められるコミュニケーションを考える
ご入居者様・ご利用者様を基準とした介護職員の役割を考え、情報共有の重要性を認識します。円滑なコミュニケーションがもたらす利益(業務効率化、円満な人間関係、多方面に及ぶ影響)を理解します。
2、伝わる伝え方と情報確認の重要性
相手に受け入れられやすい情報発信方法と、情報を受信したときに、正しく受けとっているか確認の重要性を学びます。
3、ミスコミュニケーションが起きる仕組み
身近で起きたミスコミュニケーションの事例を用い、その原因を考えます。
4、ミスコミュニケーションの防止策を考える
学習したコミュニケーションスキルを活かし、どのような対応をすればミスコミュニケーションが防げるか考え、共有・発表をして頂きます。

研修に関する補足事項

  • カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
  • 研修時間や対象人数は、ご要望に沿えるように柔軟に対応可能です。
  • 受講者15名様以上の場合は、アシスタント講師を1名配置することで円滑な進行が可能です。
  • 貴施設の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応します。
  • 研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)がご用意出来ますのでお気軽にご相談ください。

関連するページ




法人・企業研修のご相談・お問い合わせ

ブレインコンサルティング株式会社は、貴施設に最適な研修プランを無料でご提案します。
※お急ぎの場合は、TEL 03-4405-1621 / 9時00分~18時00分(土日祝除く)までご連絡ください。

お見積もり・お問い合わせ

PAGE TOP