経済産業省が提唱する社会人基礎力とは?

法人研修・企業研修・講師派遣

「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年に提唱しました。

「人生100年時代」や「第四次産業革命」の下で、2006年に発表した「社会人基礎力」はむしろその重要性を増しており、有効ですが、「人生100年時代」ならではの切り口・視点が必要となっていました。
こうした状況を踏まえ、平成29年度に開催した「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」において、これまで以上に長くなる個人の企業・組織・社会との関わりの中で、ライフステージの各段階で活躍し続けるために求められる力を「人生100年時代の社会人基礎力」と新たに定義しました。社会人基礎力の3つの能力/12の能力要素を内容としつつ、能力を発揮するにあたって、自己を認識してリフレクション(振り返り)しながら、目的、学び、統合のバランスを図ることが、自らキャリアを切りひらいていく上で必要と位置づけられます。

前に踏み出す力

一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力
  • 主体性・・・物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力・・・他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力・・・目的を設定し確実に行動する力

考え抜く力

疑問を持ち、考え抜く力
  • 課題発見力・・・現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 創造力・・・新しい価値を生み出す力
  • 計画力・・・問題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

チームで働く力

多様な人々とともに、目標に向けて協力する力
  • 発信力・・・自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾聴力・・・相手の意見を丁寧に聞く力
  • 柔軟性・・・意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 情報把握力・・・自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 規律性・・・社会のルールや人との約束を守る力
  • ストレスコントロール力・・・ストレスの発生源に対応する力

弊社の新入社員研修では、社会人基礎力の要素を取り込んだ様々なアセスメントやワークを実施し基礎的な要素を養います。
新人だけではなく、中堅層にも十分に再点検していただきたい重要な要素だと考えます。

関連記事

  1. 法人研修・企業研修・講師派遣

    研修後の効果測定とは?

お問い合わせフォーム
新入社員研修・新人研修

最近の記事

  1. 法人研修・企業研修・講師派遣
  2. 法人研修・企業研修・講師派遣
  3. 法人研修・企業研修・講師派遣