人生の先輩であるシニア世代の利用者様へ敬意や思いやりの心を適切に伝えることは大切です。介護業界は、ケアする人とされる人との人間関係が重要であると言われています。ある一定のけじめを維持させながら、高齢者の豊かな暮らしを支えることが、介護職員に求められています。敬語を上手に使い分けて、相手を大切に思う気持ちを伝えることが大切です。本研修では、「親しみとなれなれしさの違い」や「思いやりの心の伝え方」を改めて見つめなおして頂き、相手に正しく伝える表現方法を、実技をまじえて身につけることができます。

研修目的

  • ご利用者様との距離感が近いため、なれなれしい言葉遣いになることがある
  • 接遇が我流でスタッフによって差があると感じている
  • 有料施設を運営しているのでワンランク上の接遇を目指したい
  • 研修直後は改善されるが、しばらくすると元に戻ってしまう

研修特徴

べき姿を明確にしていただきます。講義全般を通して、自発的に考えて頂くアクティブラーニングを実施します。
接遇マナーの基礎知識を5つの原則(表情・あいさつ・態度・言葉遣い・身だしなみ)に沿って解説します。ご利用者様・ご入居者様の心理状況を理解することで、相手の立場に立った対応方法を体感頂きながら身につけます。また、実際に介護現場で起きる事例を基に、グループワークやディスカッションを行い、どのような対応が望ましいか、自分なりの答えを考え、発表・共有をしていただきます。研修後には、継続的に取り組める目標設定ツールを活用頂き、個人目標やチームの目標を設定して頂きます。個人のスキルアップからチーム全体での接遇力アップの取り組みを活性化し、組織全体の接遇力アップが目指せます。

プログラム

1、介護施設で求められる接遇とは
介護施設で接遇が求められる理由を理解し、介護施設は尊敬と思いやりの心を表現する「サービス業」であるという認識を共有します。

2、ご利用者様・ご入居者様から、信頼され安心感をもっていただくために
人から信頼される3つの要素(親近感・共感性・受容性)について学び、信頼できる介護スタッフとは何か考えて頂きます。

3、すぐに実践できる!接遇マナーのワンポイント
ご利用者様・ご入居者様から、感じが良い・話しかけやすいと感じて頂けるための、接遇マナーのワンポイントを5つの原則に沿ってお伝えします。

4、継続できる行動計画を作成
研修後に目標設定ツールを活用し「個人目標」「チーム目標」を設定します。
行動計画を作成することで、継続的な研修効果が望めます。

備考

  • カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
  • 研修時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
  • 研修会場は、最寄りのエリアから弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。
  • 貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。

介護施設・事業所研修ページ

当研修をご検討の際は下記よりお気軽にお問い合わせください

ブレインコンサルティング株式会社は、貴社に最適な研修プランを無料でご提案します。
※お急ぎの場合は、TEL 03-6421-2747 / 9時00分~18時00分(土日祝除く)までご連絡ください。

法人名 必須

部署名必須

お名前 必須

電話番号 必須

メールアドレス 必須

住所 必須

お問い合わせ内容 必須

「上記内容で送信する」ボタンを押された場合、個人情報保護方針に同意されたものとします。