テストファーストによる追加・変更と、リファクタリングによる設計・改善の2つの活動を超短期で繰り返して開発を進めていく手法であるTDD。
RED(テスト失敗)、GREEN(テスト成功)、REFACTOR(リファクタリング)の3ステップを高速に回すサイクルがTDDの特徴です。軽快・レスポンシィブなフィードバックの確保、きれいで動くコードの確保などによる、開発の改善がTDDの目的となっており、本研修で実際の開発でTDD(Test Driven Development)がおこなえるようになることを目的とします。

研修目的

・実際の開発でTDD(Test Driven Development)がおこなえるようになる

受講対象者

・Javaのプログラミング経験
・JUnitの利用経験

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

●基礎編
・TDD概要
・JUnit [演習]
・リファクタリング [演習]

●応用編1~プロセスにまつわるエトセトラ
・Scram
・CI(継続的インテグレーション)

●応用編2~ツールにまつわるエトセトラ
・Mockit~モックを利用した自動テスト [演習]
・DBUnit~RDBを使った自動テスト
・Lombok~コードを減らす [演習]
・FindBugs~バグっぽいところを見つける  [演習]
・Metrics~メトリクス測定  [演習]
・Cobertura~カバレッジ測定  [演習]

参考日数

2日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

システム設計/開発に関連する研修