データベースの特性を理解した上で、演習を通じてSQL文の書き方を習得します。
特にSQL文の中でもデータ操作言語(DML)の基本中の基本であるSELECT文を中心として、繰り返したくさんのSQL文を書くことで、短期間に記述能力を高めます。
また、SQL文の処理メカニズムをイメージすることで、パフォーマンスの良いSQL文を書くために注意するポイントも学習します。

研修目的

・RDB/RDBMSとSQLの特性を理解する
・SQL文の書き方を習得する
・実際に演習を繰り返すことでSQL文の記述能力を高める
・パフォーマンスについて学習する

受講対象者

・これからSQLの学習を始める方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.RDB/RDBMSおよびSQLの特性
-RDB/RDBMSとは?
-SQLとは?

2.単一テーブルからのデータ取得
-テーブル操作(SELECT)
-条件指定による絞り込み

3.単一テーブルのデータ更新
-テーブル操作(INSERT,UPDATE,DELETE)
-グループ化による集計
-データの並べ替え

4.重要トピックス
-トランザクション管理
-重複データの排除
-文字列定数での引用符の記述
-NULL値

5.複数テーブルからのデータ取得
-複数テーブルの結合
-相関副問合せ

6.パフォーマンスの考慮
-オプティマイザと最適化ルール
-パフォーマンス改善方法

7.更新系DML(INSERT,UPDATE,DELETE)の応用的な使い方
-更新系DMLの応用

8.データベース・オブジェクトの操作
-DDLの操作

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

データベースに関連する研修