SpringMVCフレームワークを利用したWebアプリケーション構築方法、SpringSecurityフレームワークを利用した認証/認可機能の構築、その他Webアプリケーション構築に必要な機能を講義と演習を組み合わせたハンズオン形式で学習します。

研修目的

・SpringMVCフレームワークを利用したWebアプリケーション構築方法を学ぶ
・SpringSecurityフレームワークを利用した認証/認可機能の構築を学ぶ

受講対象者

・Java言語のプログラミング経験がある方
・これからフレームワークを使った開発を計画されている方
・SpringFraneworkの基礎レベルを知っている方
・MyBatis3の基礎レベルを知っている方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.SpringMVCの概要
・SpringMVCフレームワークの特徴や全体のアーキテクチャについて

2.Controller
・Controllerの仕組みと作成、利用方法について学習します。
 ・Controllerの作成及び利用するアノテーション
 ・リクエストとクラス、メソッドのマッピング
 ・リクエストのフォワード及びリダイレクト

3.リクエストパラメータの取得
・リクエストパラメータの取得方法について

4.実務的なリクエストマッピング
・知っておくと便利なリクエストマッピング方法について

5.Model
・Modelオブジェクトを使ったデータの受け渡し、Session管理機能、Flashスコープについて

6.バリデーション
・アノテーションを使った単項目入力チェック及びSpring Validator及びBean Validatorを使った
 相関チェック機能の実装と利用方法とメッセージソースの使い方について学習します。

7.サービスと例外処理
・サービス層の実装方法と例外処理方法について

8.タグライブラリ
・SpringFrameworkが提供するタグライブラリの機能およにSpEL式について

9.Spring Securityによる認証/認可
・SpringSecurityフレームワークを利用した認証機能のアーキテクチャ、
 実装、利用方法、認可機能の利用方法について

10. コントローラのテスト
・MockMvcを利用したコントローラのテスト方法について

11.ページネーション
・ページネーション実現方法について学習します。

12.二重送信防止
・セキュリティ的にも問題になるリクエストの二重送信防止への対応について

13.ファイルのダウンロード/アップロード
・ファイルのダウンロードとアップロードの方法について

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

システム設計/開発に関連する研修