Linuxを利用する上で必須となる基礎知識(各種コマンド・viエディタの使用法・シェルの概念および基本機能など)をマシン実習を通して習得します。

研修目的

・Linuxの基本的なコマンド入力を身に付ける
・ファイルおよびディレクトリを理解し、これらを操作するコマンドを理解する
・標準入出力を理解し、リダイレクトやパイプラインを理解する
・viエディタの利用方法を身に付ける
・シェルの概念を理解し、基本的な機能を理解する

受講対象者

・Linuxの基本知識を習得されたい方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.システムの概要

2.コマンド・ログイン、ログアウト・コマンドの入力

3.ファイルとディレクトリ1・ディレクトリと階層構造
-ディレクトリ及びファイルの操作1(pwd、cd、cat、cp、mvなど)
-ディレクトリ及びファイルの操作2(rm、rmdir)

4.ファイルとディレクトリ2・保護機能について
-標準入出力ファイルとリダイレクション
-パイプライン

5.画面エディタ(vi)
-画面エディタviの概要と基本操作
-viの環境設定

6.シェル
-シェルの概念と基本機能
-シェル変数やCシェルbashの対話機能
-シェルスクリプトの概要と環境設定ファイル

7.フィルタによるファイル処理
-正規表現とフィルタコマンド(head、tail、grepなど)

8.ネットワークの利用
-ネットワークコマンド(mail、ftp、telnet)

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

インフラに関連する研修