オブジェクト指向とUMLの要素や利便性を概要として理解していただくことを目的としています。
また、最近の開発で重要視されているフレームワークやデザインパターン、ユニットテストなどについても、分かり易く特徴とメリット/デメリットを説明します。

研修目的

・オブジェクト指向と関連技術の考え方を理解する
・オブジェクト指向やUMLの仕組みを理解する
・フレームワークを使う目的や背景を理解する
・デザインパターンを使う目的や背景を理解する
・ユニットテストの必要性を理解する

受講対象者

・オブジェクト指向の考え方を理解したい方。
・システム開発に携わる技術者。

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.オブジェクト指向と関連技術の歴史
-オブジェクト指向の歴史
-Javaの誕生と進化
-UMLの誕生

2.なぜ、オブジェクト指向を使うのか
-オブジェクト指向の概要
-オブジェクト指向のメリット

3.オブジェクト指向技術要素
-オブジェクト、クラス、アクセス制御
-カプセル化、継承、多態性
-インターフェイス、例外処理、複合オブジェクト

4.UMLモデリング
-UMLを使うメリット
-UMLダイアグラムの特徴

5.アプリケーション設計の問題と課題
-設計に要求される課題
-課題解決に必要な知識

6.フレームワーク
-フレームワークの概要と種類

7.パターン
-デザインパターンの概要と種類

8.テスト
-ユニットテストの概要

9.Webシステムの難しさ
-Webシステム開発時の注意点

参考日数

1日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

システム設計/開発に関連する研修