Google社が開発した言語で、軽量スレッディングのための機能や、動的型付け言語(Python)のようなプログラミングの容易性などがあります。最近、PaasであるCloud Foundryのサービスを展開企業様を中心にGo言語が注目をされております。本研修では特徴や仕組みを理解していただき、講義と実習を通してGoプログラミングの基礎知識を身に付けます。

研修目的

・Goの環境設定から言語の特徴、活用方法を実機を通じて学習する。
・Goの使い方を学び、今後使えるようになる

受講対象者

・プログラミング言語の経験がある方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

(1)Go言語の概要
 ・Go言語の概要
 ・Go言語の特徴
 ・バージョン毎の違い

(2)開発環境の構築
 ・開発環境について
 ・Go環境の構築
 ・Eclipse環境の構築
・IntelliJ IDEA環境の構築

(3)基本文法
 ・文字列の出力
 ・コメント
 ・演算子
 ・変数
 ・定数
 ・制御構造

(4)データ型
 ・組込み型
 ・文字列型
 ・配列
 ・スライス
 ・マップ
 ・構造体
 ・ポインタ
 ・ゼロ値とnil

(5)関数
 ・関数
 ・関数の宣言
 ・多値を返す関数
 ・可変長パラメータ
 ・関数リテラル(匿名関数)
 ・関数型
 ・遅延実行

(6)メソッド
 ・メソッド
 ・レシーバ変数値の変更
 ・メソッド値

(7)インターフェース
 ・インターフェース
 ・空インターフェース
 ・インターフェースの埋め込み
 ・型アサーション
 ・型による分岐

(8)パッケージ
 ・パッケージ
 ・パッケージのエクスポート
 ・パッケージのインポート
 ・独自パッケージの作成と利用

(9)エラーハンドリング
 ・戻り値によるエラーハンドリング
 ・パニック
 ・リカバリ
 ・ランタイムパニック
 ・エラー出力制御
 
(10)並行処理
 ・ゴルーチン
 ・終了の同期
 ・スレッド制御
 ・チャンネル
 ・チャネル
 ・select文

(11)標準パッケージ
 ・標準パッケージの概要
 ・日付/時間
 ・ディレクトリ操作
 ・ファイル操作
 ・ログ出力
 ・ネットワーク

(12)テスト
 ・Go言語のテストスタイル
 ・testingパッケージ
 ・テストコマンド
 ・テスト関数

 参考
 ・ネーミング慣例
 ・デザインパターンオリエンテーション

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

システム設計/開発に関連する研修