ドメイン駆動設計 (DDD) とは、オブジェクトの設計に役立つ原則とパターンをまとめたものです。
設計に適用することで、ドメイン モデルと呼ばれるソフトウェアの抽象化を実現しており、複雑なビジネスロジックをカプセル化できるため、実際の業務とプログラムの間のギャップを小さくすることができます。本研修では、ドメイン駆動設計の特徴や仕組みを解説しながら、演習を通してドメイン駆動設計を理解していただきます。

研修目的

・ドメイン駆動設計の仕組みについて理解する。
・ドメイン駆動設計を行う上で必要な技術知識を理解する。
・演習を通して、ドメイン駆動設計の簡単なやり方を習得する。

受講対象者

・ドメイン駆動設計を学びたい方(年次問わず)

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

<<第1日>>
(1) ドメインモデルを機能させる
 ・ドメイン駆動設計におけるモデルの有用性
 ・効果的なモデリングの要素
 ・隠された概念を引き出す
 ・コミュニケーションと言語の使い方
 ・ドキュメントと図
 ・モデルと実装を結びつける

(2) モデル駆動設計の構成要素
 ・レイヤ化アーキテクチャ
 ・アンチパターン
 ・ソフトウェアで表現されたモデル
  ◆エンティティ
  ◆値オブジェクト
  ◆サービス
  ◆モジュール
  ◆モデリングパラダイム
 ・ドメインオブジェクトのライフサイクル
  ◆集約
  ◆ファクトリ
  ◆リポジトリ
 ・事例紹介

<<第2日>>
(1) リファクタリング
 ・リファクタリングのレベル
 ・発見のプロセス
 ・ブレイクスルー
 ・新しい洞察への連鎖
 ・暗黙的な概念を明示的にする
  ◆概念を掘り出す
  ◆概念をモデル化する
 ・しなやかな設計
  ◆意図の明白なインタフェース
  ◆独立したクラス
 ・アナリシスパターン
 ・デザインパターン
  ◆ストラテジー
  ◆コンポジット
 ・事例紹介

(2) 戦略的設計
 ・モデルの整合性を維持する
 ・蒸留
  ◆コアドメイン
  ◆汎用サブドメイン
  ◆凝集されたメカニズム
 ・大規模な構造
  ◆システムのメタファ
  ◆責務のレイヤ
  ◆コンポーネントフレームワーク
  ◆ふさわしい構造へのリファクタリング
 ・戦略をまとめ上げる

参考日数

2日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

システム設計/開発に関連する研修