概念設計、論理設計、物理設計の考え方を学習します。
また、実際のデータベース設計時に注意すべき点も理解していただきます。

研修目的

・概念設計、論理設計、物理設計のポイントを理解する
・データベース設計時の注意点を理解する
・実践的なデータベース設計のテキニックを身に付ける

受講対象者

・データベースの構築に携わる方
・システム開発に携わる方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.DB設計とは
-DB設計とは?
-概念設計と論理設計と物理設計の内容
-設計手順とポイント

2.概念設計
-情報収集のアプローチ方法
-ER図による情報共有
-エンティティの抽出
-リレーションシップの表現

3.論理設計
-正規化の目的
-正規化のもたらす効果
-正規化(非正規形・1NF~3NF)
-業務的観点からの正規化
-DDL命令
-エンティティ整合性制約
-参照整合性制約

4.物理設計
-パフォーマンス
-インデックスの設定
-非正規化の検討
-オプティマイザ
-統計情報の取得

参考日数

2日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

データベースに関連する研修