ネットワーク技術者の初級資格であるCCNA(Cisco Certified Network Associate)試験対策研修です。ネットワーク、TCP/IPの基礎知識、ルータやスイッチの接続方法、設定方法を演習を通して身に付けていただきます。また、重要問題の演習を繰り返し行い、本番試験での合格を目指します。

研修目的

・LANスイッチングとトラブルシューティングについて理解する
・IPルーティングとトラブルシューティングについて理解する
・ルーティングプロトコルの設定とトラブルシューティングについて理解する
・ワイドエリアネットワークについて理解する
・IPアドレス空間について理解する

受講対象者

CCNA資格試験の受験を目標に学習している方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.バーチャルLAN
-バーチャルLANの概念
-VLANおよびVLANトランキングの設定と検証

2.スパニングツリープロトコル
-スパニングツリープロトコル(IEEE 802.1d)
-STPの設定と確認とトラブルシューティング

3.LANスイッチングのトラブルシューティング
第3章 自己診断テスト
-汎用のトラブルシューティング手法
-LANスイッチングデータプレーンのトラブルシューティング

4.IPルーティング:スタティックルートと接続ルート
-IPのルーティングとアドレッシング
-直接接続サブネットへのルート

5.VLSMと経路集約
-VLSM
-手動操作による経路集約

6.IPアクセスコントロールリスト
-標準IPアクセスコントロールリスト
-拡張IPアクセスコントロールリスト

7.IPルーティングのトラブルシューティング
-pingコマンドとtracerouteコマンド
-パケット転送プロセスのトラブルシューティング

8.ルーティングプロトコルの理論
-ダイナミックルーティングプロトコルの概要
-ディスタンスベクタルーティングプロトコルの特徴

9.OSPF
-OSPFプロトコルとその動作
-OSPFの設定

10.EIGRP
-EIGRPの概念と動作
-EIGRPの設定と検証

11.ルーティングプロトコルのトラブルシューティング
-ルーティングプロトコル関連のトラブルシューティングの概要
-ルーティングプロトコルを有効化したインターフェイス

12.ポイントツーポイントWAN
-PPPの概念と設定
-シリアルリンクのトラブルシューティング

13.フレームリレーの概念
-フレームリレーの概要とアドレッシング
-フレームリレーに伴うネットワーク層の問題

14.フレームリレーの設定とトラブルシューティング
-フレームリレーの設定と検証
-フレームリレーのトラブルシューティング

15.バーチャルプライベートネットワーク
-VPNの基礎
-IPsec VPN

16.ネットワークアドレス変換
-IPv4アドレスのスケーラビリティの考え方
-ネットワークアドレス変換の概念

17.IPバージョン6
-グローバルユニキャストアドレッシング、ルーティング、サブネット化
-IPv6プロトコルとアドレッシング

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

インフラに関連する研修