SpringFrameworkのDI(依存性注入)、AOP(アスペクト指向プログラミング)、トランザクション制御、テスト機能について講義と演習を組み合わせたハンズオン形式で学習します。従来の定義ファイルを中心とした基本的な使い方よりもアノテーションドリブンな利用方法を中心に学習します。

SpringFramework研修プログラム

研修目的

・SpringFrameworkのDI(依存性注入)、AOP(アスペクト指向プログラミング)、トランザクション制御、テスト機能を理解する
・こアノテーションドリブンな利用方法を理解する

受講対象者

・Java言語のプログラミング経験がある方
・これからフレームワークを使った開発を計画されている方

研修形式

・座学
・実機演習

プログラム内容

1.DIコンテナとは
・依存性(クラス依存、インターフェース依存)の基本概念
・DI(依存性注入)の基本概念

2.Spring FrameworkのDI
・SpringFrameworkを利用したDIの実現方法
・インスタンスのライフサイクル

3.インジェクション
・セッターインジェクションについて
・ コンストラクラインジェクションについて

4.AOP(アスペクト指向プログラミング)
・AOPの概念
・横断的関心事の概念
・中心的関心事の概念
・ SpringFrameworkにおけるAOP実現方法について

5.アノテーションドリブン
・アノテーションを使ったDI
・AOPの実現
・作成方法に

6.宣言型トランザクッション
・宣言型トランザクションの概念
・アノテーションを使った利用方法

7.Spring Test
・Spring Testフレームワークについて
・ユニットテストの方法

8.ロギング
・業務システムでは必須となるログ出力方法について

参考日数

2日間
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
少人数から100名以上の規模まで柔軟にご提案が可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。