プレゼンテーション層やデータアクセス層で利用できるフレームやDIコンテナなどのフレームワークを使ってWebアプリケーションを作成することのメリットと注意点を学習します。また、フレームワークベースなWebアプリケーション開発方法を身に付けていただきます。幾つかの簡単なWebアプリケーションを作成しながらフレームワークの特徴や仕組みを学習していきます。

研修目的

・フレームワークのアーキテクチャを理解する
・フレームワークを使ったWebアプリケーション構築の仕組みを理解する
・Strutsの基本的な知識を身に付ける
・DIコンテナやO/Rマッピングの仕組みを理解する

受講対象者

・これからフレームワーク(Struts)を使って開発する方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.Strutsの概要
-Strutsとは?
-Strutsの特徴とメリット/デメリット
-MVCモデル

2.Strutsの環境設定
-Strutsの環境設定と動作確認
-Tomcat、Struts、MySQLのインストールと設定

3.簡単なWebアプリケーションの作成
-Strutsの仕組み
-Webアプリケーションの作成手順
-Webアプリケーションの作成

4.Strutsのコンポーネント
-Action
-ActionForm
-設定ファイル

5.タグライブラリ
-bean、html、logic、Tiles、nested

6.Strutsの主な機能
-リクエストパラメータでの振り分け
-モジュール分割とスイッチ
-Valodator
-定数と変数の参照

7.テンプレート
-テンプレートの作成

8.その他
-基本テクニックと応用テクニック
-DIコンテナの仕組み
-O/Rマッピングの仕組み

参考日数

4日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

システム設計/開発に関連する研修