従来から使われているウォーターフォール方式や最近のオープン系システム開発で採用が増えている繰り返し方式、アジャイル方式などの特徴とメリット/デメリットを理解しながら自分が参画するプロジェクトに最適な開発プロセスを模索していただきます。また、プロジェクトリーダーとして認識しておくべきアーキテクチャやリスクマネジメントなどの知識も習得していただきます。

研修目的

・開発モデルの種類と特徴/メリット/デメリットを理解する
・開発プロセスの選定ポイント理解する
・プロジェクトマネジメントの重要性を理解する
・プロジェクトリーダーの役割を理解する

受講対象者

・プロジェクトリーダー

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.ソフトウェア概論
-ソフトウェアの現状
-ソフトウェアに求められるもの
2.システム開発概論
-システム開発の種類と特徴
3.開発モデルと開発手法
-ウォーターフォール方式
-繰り返し方式
-アジャイル方式
-特徴とメリット/デメリット
4.開発プロセス
-開発プロセスの重要性
-SLCP(共通フレームワーク)
-機能要件と品質特性
5.プロジェクトマネジメント
-プロジェクトマネジメントとは
-開発現場で出来ること
-開発プロセスの改善は何故必要か
-プロセスの定着と改善
6.プロジェクトリーダーの役割
-アーキテクチャ
-リスクマネジメント
-コミュニケーション
-リソース管理

参考日数

2日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。