「Servlet API」やJSPの機能だけでなく、JSTLなどのタグライブラリの使い方を理解していただきます。また、アーキテクチャの考え方やアプリケーション作成に必要な知識も身に付けていただきます。

研修目的

・Webアプリケーションの仕組みを理解する
・Webアプリケーションを開発する際の環境設定を理解する
・ServletやJSPの高度な知識を身に付ける
・JDBCの利用方法を習得する

受講対象者

・JavaでWebアプリケーションを開発される方

研修形式

・座学
・実機演習

カリキュラム

1.Webアプリケーションの基礎知識
-Webアプリケーションとは?
-サーブレットとは何か?
-JSP(Java Server Pages)とは何か?
-コンテナとは何か?
-アプリケーションを作成するのか?

2.Webアプリケーションのための環境設定
-Webアプリケーションの構造
-Webアプリケーション作成に利用するオブジェクト

3.Servlet API
-Servletの作成とHttpServletクラス
-ServletConfigインターフェース

4.高度な機能を使う
-Filter、Listenr
-ディレクティブ
-スクリプティング
-タグアクション

5.JSP(Java Server Page)
-JSTL(JSP Standard Tag Library)
-暗黙オブジェクト

6.JDBC
-JDBCの利用方法

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

カリキュラム内容は、研修目的や事前課題をもとに受講者の実務課題に合わせてカスタマイズします。
時間・対象人数についても柔軟に対応をさせていただきます。
貴社内の会場へPC等の機材レンタル・設置作業(有料)も対応しております。
研修会場は、弊社の全国提携会場(有料)のご用意が出来ますのでお気軽にご相談ください。

システム設計/開発に関連する研修