Excel(エクセル)VBA研修プログラム

ExcelマクロVBA研修

Excelを使用した日常の繰り返し作業を自動化することのできる「マクロ機能」について基礎から学習します。マクロ記録機能を利用することで、一からプログラムを書くことなく作業を自動化することができます。本研修では、マクロ記録機能の基本的な使用方法と、様々な活用シーンを想定した演習を通して、日常作業の自動化を実現するポイントを学習します。また記録したマクロの一部を編集し、作業を自動化する方法も紹介します。
研修目的マクロ記録機能を使用し、Excel上の操作を自動化できる
マクロ記録機能で作成したコードを編集することができる
コントロールおよびユーザーフォームを活用できる
受講対象者内定者、新入社員
事務職、営業職
カリキュラムExcel マクロとは
マクロ とは
マクロを利用するメリット
マクロの記録機能
マクロの編集で使用されているプログラミング言語 (VBA)
VBAのプログラム開発環境 (VBE)
実習の概要
マクロの利用方法
マクロの記録機能の利用手順
マクロの相対参照記録
マクロの編集方法
プログラムの要素
マクロの編集手順
実行時エラー発生時の対処方法
コントロールの利用方法
コントロールとは
ユーザーフォームの利用方法
ユーザーフォームとは
総合演習

ExcelVBA研修

ExcelVBAを業務で活用するためのプログラミング要素(コレクション、オブジェクト、イベント、プロパティ、メソッド)や基本文法(変数、制御文、プロシージャ、スコープなど)について、講義および実習を通して学習します。実習では、ExcelVBAの特徴であるイベント駆動型プログラミングを活用し、簡単なアプリケーションを作成します。
研修目的VBAの基本事項(概要やイベント駆動型プログラミングなど)を説明できる
VBAの基本文法(変数や制御構文など)を用いたプログラミングができる
ジェネラルプロシージャーやスコープの概念を理解し、汎用性の高いコードを実装できる
受講対象者内定者、新入社員
事務職、営業職
カリキュラムExcel VBAの概要
業務を自動化する目的
マクロと VBA の違い
VBAのプログラム開発環境(VBE)
Excel VBAプログラミングの基本文法
オブジェクトの利用
プログラム上でデータを利用するためには
制御構文
Excel VBAプログラミングの応用
決まりきった処理をいつでも行えるようにするには
必要に応じてデータを利用するには
演習問題

ExcelVBAシステム構築研修

Excel VBA を使用して部門内の業務システムを構築するときに必要な開発手順、開発技術を、説明および実習を通して学習します。また、部門内で使用する業務システムとして、使いやすさやメンテナンスのしやすさを意識した実装パターンを紹介します。
研修目的Excel VBAによる部門業務システムの開発手順を説明できる
ユーザーフォームを使用し、利用者が操作しやすいユーザーインターフェースを作成できる
システムの安全性を高めるために、エラー処理を実装できる
開発を効率的に行うために、ツールを使用したデバッグができる
受講対象者若手・中堅社員
事務職、営業職
カリキュラムExcel VBAを使用した部門業務システムの概要
Excelを使用した部門業務システム
業務システムの開発手順
システムの構成要素
部門業務システムの目的と設計
ワークシートの設計と目的
ユーザーフォームの設計と使用
標準モジュールの設計と目的
部門業務システムのプログラミング
デバッグ処理
予約票作成ユーザーフォームの処理作成
データの検索処理
安全性を高めるための工夫
メンテナンス性を高めるための工夫
総合演習

上記以外にも貴社の業種・業態や、受講者数、ご希望のお時間などにより研修内容をカスタマイズいたします。
貴社の業務活用に最適なプログラムをご提案いたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【WEB問い合わせ限定】研修前スキルチェック無料キャンペーン中

只今、毎月5社限定としてWEBから弊社に研修のお問い合わせをいただいた法人・企業様に「研修前スキルチェック」を無料で集計の上、受講者のスキルやご要望を汲み取り最適な研修プログラムのご提供しております。どうぞこの機会にご検討ください。