データベースの特性を理解した上で、演習を通じてSQL文の書き方を習得します。
特にSQL文の中でもデータ操作言語(DML)の基本中の基本であるSELECT文を中心として、繰り返したくさんのSQL文を書くことで、短期間に記述能力を高めます。
また、SQL文の処理メカニズムをイメージすることで、パフォーマンスの良いSQL文を書くために注意するポイントも学習します。

SQL研修プログラム

研修目的

・RDB/RDBMSとSQLの特性を理解する
・SQL文の書き方を習得する
・実際に演習を繰り返すことでSQL文の記述能力を高める
・パフォーマンスについて学習する

受講対象者

・これからSQLの学習を始める方

研修形式

・座学
・実機演習

プログラム内容

1.RDB/RDBMSおよびSQLの特性
-RDB/RDBMSとは?
-SQLとは?
2.単一テーブルからのデータ取得
-テーブル操作(SELECT)
-条件指定による絞り込み
3.単一テーブルのデータ更新
-テーブル操作(INSERT,UPDATE,DELETE)
-グループ化による集計
-データの並べ替え
4.重要トピックス
-トランザクション管理
-重複データの排除
-文字列定数での引用符の記述
-NULL値
5.複数テーブルからのデータ取得
-複数テーブルの結合
-相関副問合せ
6.パフォーマンスの考慮
-オプティマイザと最適化ルール
-パフォーマンス改善方法
7.更新系DML(INSERT,UPDATE,DELETE)の応用的な使い方
-更新系DMLの応用
8.データベース・オブジェクトの操作
-DDLの操作

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
少人数から100名以上の規模まで柔軟にご提案が可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。