フレームワークは一見大変便利なものでありますが、その仕組みや構造を知らなければアプリケーションを作成することができても、メンテナンス性の良くないものを作成してしまったり、トラブルを上手く解決できないといったケースがあります。国産フレームワークSeasarの特徴や仕組みを理解し、実践的な使い方を身に付けていただきます。

フレームワークによるWebアプリケーション構築研修(Seasar編)プログラム

研修目的

・DIコンテナの特性を理解し、使用方法を習得する
・アスペクト指向プログラミングの概要を理解する
・O/Rマッピングの特性を理解し、使用方法を習得する
・データアクセス層を作成するときに用いられるDAOパターンを理解し、利用方法を習得する
・プレゼンテーション層を構築する場合に用いられる「Service to Worker」パターンを理解し、利用方法を習得する

受講対象者

・これからフレームワーク(Seasar)を使って開発する方

研修形式

・座学 ・実機演習

プログラム内容

1.Seasarとは
-Seasarの仕組み

2.オブジェクトの依存性
-オブジェクトの依存性とは
-特定のAPIに依存しないオブジェクト(POJO)
-インターフェイスによる依存性の軽減

3.DIコンテナの役割
-DIコンテナの基本動作
-DIコンテナのメリットとデメリット

4.アスペクト指向プログラミングの概要
-アスペクト指向プログラミング
-ポイントカット/アドバイス/ジョインポイント
-インターセプタ
-AOP機能
-インターフェイスを重視した自動設定機能
-コネクションプーリング
-トランザクション制御機能

5.DAOパターン
-DAOパターンの構成要素

6.データアクセス層の実現
-XML使わないO/Rマッピング機能概要

7.その他の機能
-JUnit機能とDIを利用した単体テスト
-Service to Workerパターン
-プレゼンテーション層の実現
-ビュー生成機能の実現

参考日数

4日間
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
少人数から100名以上の規模まで柔軟にご提案が可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。

入社前内定者研修に関連する研修