ネットワーク構築および運用において実用的なパケットキャプチャやダンプ解析などを中心に実践的なテクニックを習得します。また、実際のネットワーク上で起こりやすいトラブルの解析や解決手法を身に付けていただきます。

ネットワークの実践テクニックとトラブルシューティング研修プログラム

研修目的

・ネットワークの設定や運用を行う上で必要な実践テクニックを身に付ける
・ネットワークにおけるトラブルシューティングの考え方や解決方法を身に付ける

受講対象者

・ネットワークの構築に携わる方
・ネットワークの運用/保守に携わる方

研修形式

・座学
・実機演習

プログラム内容

1.LANアナライザーの概要
-LANアナライザーについて
-Wiresharkについて
2.LANアナライザーの利用
-Wiresharkのインストール
-Wiresharkのユーザインタフェース
3.パケットをキャプチャ
-簡単なパケットキャプチャ
-演習課題
-キャプチャ操作
-ファイル操作
4.ネットワークの仕組み
-パケットのヘッダの確認
-通信のルール
5.ダンプ解析
-ダンプ解析とは?
-EthernetⅡ
-ARP
-IP
-UDP
-DNS
-TCP
-HTTP
6.トラブルシューティング
-トラブルシューティングの方法
-pingコマンドの裏側
-ネットワークがダウンした場合のトラブルシューティング
-ネットワークの通信が遅い場合のトラブルシューティング
-クライアントサーバのトラブルシューティング

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
少人数から100名以上の規模まで柔軟にご提案が可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。