2018年新入社員向けIT研修(オープン講座)

実際の開発現場で役立つ実践スキルを身に付けていただくため、徹底的にプログラムを書いて動かすことを中心に各カリキュラムを構成しております。

新人研修のポイント

自分1人の力でプログラミングが出来るレベルまでのスキルを身に付けていただきます。
実践的テクニックとWebアプリのものづくりの感覚を習得することを最優先します。
知識の詰め込みではなく、徹底的な反復によってプログラムの感覚の習得を優先します。
移り変わりの激しいフレームワークを覚えるのではなく、根本的な仕組みの習得を優先します。
最後に実施する「総合開発演習」ではグループ演習形式で行い、チーム開発の大切さも理解していただきます。
様々な角度からの定量評価によって、受講生の成長度合いを確認することができます。

新人研修概要

研修日程:2018年4月4日~5月31日(※詳細は、研修スケジュールをご覧ください)
研修時間:9:30~17:30
研修場所:弊社指定研修ルーム(東西線 東陽町駅徒歩5分)
研修形式:集合教育(講義+演習&実習)
受講人数:最大30名程度
対象者 :新入社員または第二新卒
テキスト:オリジナルテキスト

新人研修プログラム概要

ITリテラシー:IT業界の仕事(日数:2日)

研修概要)

IT業界で働く際に必要な知識を学習します。
また、最近注目されているIT技術がどのような仕組みなのかを学習します。

研修目的)

・IT業界について理解する
・エンジニアの仕事とはどのようなものかを理解する
・最近注目されているIT技術の仕組みを理解する

OS基礎(日数:2日)

研修概要)

コンピュータの基礎知識を学習し、Windowsの基本設定やコントロールパネルの操作を実習します。
またIPアドレスの設定、サブネットマスクの仕組み、Windowsファイアーウォールの設定などWeb開発において必要なネットワーク設定およびそれらの概要説明を実施します。

研修目的)

・研修環境の準備
・現場での環境設定練習
・ネットワーク基礎の理解

HTML/CSS基礎(日数:2日)

研修概要)

HTMLの基礎およびCSSの基礎を学習し、Bootstrapによるスタイルの設定を学びます。

研修目的)

・HTMLとCSSを使ったWeb画面を作れるようになる
・入力フォームなどのHTMLコンポーネントを使って画面を構成できるようになる
・Bootstrapを使った画面デザインができるようになる

JavaScript入門(日数:4日)

研修概要)

プログラム言語の基礎および制御構造や構造化についてJavaScriptを使って踏み込んで説明し、Javaでの学習コストを低減します。

研修目的)

・JavaScriptでプログラミングの基本的な概念(変数や制御構造、構造化など)の使い方を習得する
・JavaScriptを使ってHTML Domを操作できるようになる

JavaWeb入門(日数:4日)

研修概要)

JSPを使ってHTTPの動作や、ブラウザ・サーバの動作について習得します。またJavaの基本的な概念である型やオブジェクトについて、予備学習します。

研修目的)

・フォームを使ったサーバとのやりとりができるようになる
・JSPを動作させるための基本的な環境設定ができるようになる
・JSPのディレクティブを理解できるようになる
・Javaの変数や型について予備学習する

SQL入門+JDBC(日数:5日)

研修概要)

SQLの基本構文を理解し、反復演習により徹底的に習得します。
JDBCを習得し、プログラムからSQLを実行することができるようにします。

研修目的)

・SQL実行環境を構成することができる
・SQLの基本構文を知り、レコードの検索・登録・更新・削除ができる
・JDBCによりプログラムからSQLを実行することができる

Java基礎(日数:3日)

研修概要)

Javaコンパイル環境を構築し、プログラムの実行ができるようにします。
Javaの基本構文を学習し、反復により習得します。また様々なクラスを利用しプログラムミングの幅を広げます。

研修目的)

・Javaコンパイルの習得
・JVMの基本的な構造の理解
・クラスおよび型の理解
・インスタンスとクラスの理解

オブジェクト指向プログラミング入門(日数:2日)

研修概要)

Javaのオブジェクト指向に関する各機能を理解し、利用できるようにします。継承・ポリモフィズム・インターフェースについて利用できるようにします。

研修目的)

・継承の概念を理解し、利用できるようになる
・ポリモフィズムの概念を理解し利用できるようになる
・インターフェースを理解し利用できるようになる

JSP+JavaScript(日数:2日)

研修概要)

JSPとJavaScriptを利用して、ダイナミックなWeb画面を作成できるようにします。
JavaScriptがクライアントブラウザで動作し、JSPがサーバで動作することを意識したプログラミングができるように反復してトレーニングします。

研修目的)

・JSPとJavaScriptが連動したソフトウェアを作成できるようになる
・JSPとJavaScriptによるフォーム入力が存在するソフトウェアを作成できるようになる

Servlet/JDBCプログラミング基礎(日数:3日)

研修概要)

JSPの仕組みの追求として、Servletの基本を理解します。Servletの利用ポイントであるMVCを学び利用できるようにします。
コネクションプールからJDBCを利用できるようにします。

研修目的)

・Servletの仕組みを理解できるようになる
・Servletが作れるようになる
・コネクションプールからJDBCを利用することができるようになる
・JSP+Servlet+DBのソフトウェアを作成できるようになる

テストと品質保証(日数:2日)

研修概要)

品質とは何か、ソフトウェアテストによって品質をどのように向上することができるのかを学びます。
またテストの手法をまなび、テストケースを作成・実行できるようにします。

研修目的)

・ソフトウェア品質とは何か?を説明できるようになる
・ソフトウェア・レビューを他者に説明し,他者と恊働できるようになる
・ソフトウェア・エンジニアリングの概略が理解できるようになる
・テストケースを作成することができるようになる
・テストを実施することができるようになる

総合開発演習+発表会(日数:5日+1日)

研修概要)

これまでに習得した技術を使ってグループ形式でソフトウェアを開発します。

研修目的)

・チームによるソフトウェア開発の注意点を知る
・チームに貢献してソフトウェアを作成する喜びを感じられるようになる