「Servlet API」やJSPの機能だけでなく、JSTLなどのタグライブラリの使い方を理解していただきます。また、アーキテクチャの考え方やアプリケーション作成に必要な知識も身に付けていただきます。

J2EE Webコンポーネント研修プログラム

研修目的

・Webアプリケーションの仕組みを理解する
・Webアプリケーションを開発する際の環境設定を理解する
・ServletやJSPの高度な知識を身に付ける
・JDBCの利用方法を習得する

受講対象者

・JavaでWebアプリケーションを開発される方

研修形式

・座学
・実機演習

プログラム内容

1.Webアプリケーションの基礎知識
-Webアプリケーションとは?
-サーブレットとは何か?
-JSP(Java Server Pages)とは何か?
-コンテナとは何か?
-アプリケーションを作成するのか?
2.Webアプリケーションのための環境設定
-Webアプリケーションの構造
-Webアプリケーション作成に利用するオブジェクト
3.Servlet API
-Servletの作成とHttpServletクラス
-ServletConfigインターフェース
4.高度な機能を使う
-Filter、Listenr
-ディレクティブ
-スクリプティング
-タグアクション
5.JSP(Java Server Page)
-JSTL(JSP Standard Tag Library)
-暗黙オブジェクト
6.JDBC
-JDBCの利用方法

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
少人数から100名以上の規模まで柔軟にご提案が可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。