設計や実装で定石的に使われるパターンを学習します。また、実際の開発でよく利用するパターンを使って、なぜ抽象クラスやインターフェイスや委譲を使うのかというところに焦点を当てて学習します。

デザインパターンを活用したプログラミング研修プログラム

研修目的

・デザインパターンの目的や意義を理解する
・デザインパターンの種類や考え方を理解する
・実際の開発現場での使用方法を身に付ける

受講対象者

・Javaや.NETを使ってシステム開発を行っている方

研修形式

・座学
・実機演習

プログラム内容

1.デザインパターンとは?
-デザインパターンとは何か
-何故、デザインパターンが使われるのか
-デザインパターンとクラスライブラリの違い
2.デザインパターンのメリットとデメリット
-デザインパターンを使うメリット
-デザインパターンを使う際の注意点(デメリット)
3.デザインパターンに慣れる
-Iteratorパターンとサンプルプログラムの解説
-Adapterパターンとサンプルプログラムの解説
-Template Methodパターンとサンプルプログラムの解説
-Factoryパターン
4.インスタンス
-Singletonパターン、Prototypeパターン
5.機能と実装の階層化
-Strategyパターンでアルゴリズムを切り替える
6.同一視
-Compositeパターン
-Decoratorパターン
7.構造化
-Visitorパターンで構造化を意識する
-Chain of Responsibilityパターンとサンプルクラス
8.シンプル化
-Façadeパターンでシンプル化を実現する
9.状態管理
-Observerパターンで状態の変化を通知する
-Mementoパターンで状態を保存する
10.共有化
-Flyweightパターンで共有化
11.クラス表現
-Commandパターンで命令をクラスにする
-Interpreterパターン
12.まとめ
-デザインパターンを開発現場でどのように活用すべきか
-開発の生産性を高めるためのポイント

参考日数

3日間
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
少人数から100名以上の規模まで柔軟にご提案が可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。