W3Cの勧告であるCross-Origin Resource Sharing(CORS)の活用方法をハンズオン形式にて学びます。

Cross-Origin Resource Sharing(CORS)活用研修プログラム

研修目的

・CORS(Cross-Origin Resource Sharing)の活用方法および理解を深める

受講対象者

・JavaScriptがわかる方
・Servletが読める方

研修形式

・座学
・実機演習

プログラム内容

●Ajaxの概念
・XML Http Requestの概念理解
・jQueryを使っての実現演習
・非同期通信について
・call back関数
※同一オリジンにて実施

●クロスオリジン
・クロスオジジンリソースシェアリングについて
・CORSのセキュリティについて
・仕様の確認
・クロスオリジンの制限を超える手法(JSON P)

参考日数

1日間
※ご相談の上決定します。

備考

研修内容はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。
少人数から100名以上の規模まで柔軟にご提案が可能です。
全国への講師派遣のご提案も可能です。
貴社ご指定エリアへの研修会場の手配も可能です。